規 約
第1条(目的)
  痴呆性高齢者等を中心とした小規模で家庭的な個別ケアの実践に携わる宅老所・グループホームが、高知県内でゆるやかにネットワークをすることで、
支援を必要とする地域や住民の生活・福祉の向上と、小規模で家庭的な個別ケアの推進を図ることを目的とする。
第2条(名称)
  本会は「高知県宅老所・グループホーム連絡会」と称する。
第3条(活動)
  目標達成のため次の活動を行う。
①小規模で家庭的な個別ケアに関する情報の収集と提供
②小規模で家庭的な個別ケアに関する相談
③小規模で家庭的な個別ケアに関する研修
④小規模で家庭的な個別ケアに関する研究
⑤小規模で家庭的な個別ケアに関する社会的な提言
⑥その他目的のために必要な活動
第4条(会員)
  本会は、次の会員をもって構成する。
1.正会員/宅老所・グループホームを運営又は運営予定の個人・団体
 準会員/会の趣旨に賛同し、主体的に活動する個人・団体
 賛助会員/会の趣旨に賛同し、会を財政的に支援する個人・団体
2.入会は別添入会申込書の提出及び入金の確認後、
 役員会での承認を受けて成立するものとする。
3.退会は、退会届を提出し、役員会の承認を得て決定する。
4.次の場合、役員会において本連絡会から除名することが出来る。
 ①会費が未納の会員
 ②本会の目的を著しく外れた活動をしている会員
第5条(会費
  本会員は、以下の通りの年会費を納めることとする。
正会員/5,000円
準会員/5,000円
賛助会員/10,000円(一口以上)
第6条(役員
  1.本会に次の役員をおく。
(1)会長/1名 (2)副会長/2名 (3)世話人/6名 (4)監事/1名
2.役員は、総会で選出された正会員で構成し、任期は2年とする。
 ただし、再任はさまたげない。
3.補欠により選出された役員は、前任者の残任期間とする。
4.必要に応じて顧問をおくことが出来る。
第7条(総会
  1.本会は、年1回総会を開く。
 総会は活動の報告・決算を決議し、次期活動方針・予算を決定する。
2.総会は、正会員の過半数(委任状を含む)をもって成立するものとし、
 議決は出席者の過半数をもって決する。
3.総会の議長は、出席した会員の中から選出する。
第8条(役員会
  1.役員会は役員で構成し、必要に応じて会長が招集する。
2.役員会は役員の過半数の出席で成立し、議決は出席役員の過半数をもって決する。
3.役員会の議長は、会長もしくは会長が指名した者がこれにあたる。
第9条(運営
  総会で選出された役員会を中心に、会員が相互に協力して活動にあたる。
運営を担う事務局は、役員会において決定する。
第10条(部会)
  活動の充実をはかるために、以下の部会を設けることができる。
①課題別部会
②その他目的のために必要な部会
第11条(会計)
  本会の経費は、会費、寄付金、その他をあてる。
会計年度は、4月1日より翌年3月31日とする。
ただし、設立期の会計年度の終期は、平成16年3月31日とする。
第12条(定めのない事項)
  その他この規約に定めのない事項は、役員会で決定する。
  *付則 本規約は、平成15年2月8日から施行する。
   
 
ご挨拶
規 約
役員・スタッフ
活動報告
 
 
 
 
 
 
 
 
このページのトップへ