ご 挨 拶 高知県宅老所・グループホーム連絡会 会長 内田泰史    
 認知症高齢者を中心とした小規模で家庭的な個別ケアの実践に携わる宅老所・グループホームが、高知県内でゆるやかにネットワークをすることで、支援を必要とする地域や住民の生活・福祉の向上と、小規模で家庭的な個別ケアの実践に携わることを目的として活動を続けて参りました。

 急速に高齢化が進む中、認知症高齢者ならびに高齢者の方々が、地域社会の中で、どのようにすればその人らしい生活を継続できるかが問われており、ケアの質の確保、ケアの標準化が最大の課題とされております。
 
ケアの質を確保するためには、安定した人材の確保が必要となり、そのために、スタッフが希望とやりがいを持ち、誇りを持って働ける職場環境づくりを、関係者が一致団結して取り組む必要性を痛感しております。
 私たち自身が目指すもの、私たちに求められていることを常に意識し、これから先どうあるべきか、研修や広報など様々な活動を通して連携を取り合い、それぞれのお年寄りに合ったケアを提供できる『本物の介護』を目指した活動を、皆様と一緒に続けて参りたいと考えております。
 
ご挨拶
規 約
役員・スタッフ
活動報告
 
 
 
 
 
 
 
 
このページのトップへ